看護師は男性でも大丈夫ですが、元は看護婦と呼ばれていたように女性の仕事というイメージがまだ根付いていますし実際に女性のほうが多く従事しています。そんな女性の仕事ながら、体力的には厳しい一面があります。大きな病院であればあるほど多く歩かなければなりませんし、ナースコールなど緊急時は走って現場に駆け付ける必要があります。
日勤だけであれば何とかなるかもしれませんが、看護師は通常日勤と夜勤を繰り返すので自律神経が乱れやすくあらゆる体調不良に見舞われる可能性があります。頭痛がする、体がだるい、立ちくらみ、目眩、耳鳴り、フラフラするというような日々を対処せずに我慢して過ごしているうちに体力の限界を迎えてしまうケースも珍しくありません。
体力の限界を感じたら、疲労が溜まっている状態なのでマッサージや温泉で疲労物質を排出したいです。そして何よりも、睡眠不足を避けて眠たくなったら眠る習慣を身に付けることが大切です。その理由は、睡眠がお金をかけずに手っ取り早く疲労を回復させる良い手段だからです。食事も偏っていると栄養を摂取できず体がスムーズに動かなくなります。疲労回復にはクエン酸やビタミンCと言われています、この2つを含む食品を積極的に摂取することもおすすめします。また単なる疲労ではなく貧血から来る慢性疲労やビタミンB2不足によるエネルギー産生不足なども考えられますので身体の中からの疲労回復へのアプローチも行ってみてください。このように、生活習慣を見直すことで体の状態が好転することがあります。もう無理だと今の仕事に限界を感じた場合、無理せず休んだり自分に合った疲労回復法を探してみてください。